石炭列車

★『石炭列車』の鉄道写真

  • 釧路市立博物館で販売している石炭列車の缶バッジ、1個100円。
  • 石炭列車さよならセレモニー⑨最初で最後の豪華編成(D401・D701・D801・セキ6000・DE601)。
  • 石炭列車さよならセレモニー⑥(DE601・セキ6000)。見えない最後尾には3両のDLが連結されています。
  • 石炭列車さよならセレモニー③(D801・セキ6000・DE601)。
  • 石炭列車の最終運行です。積載量は貨車6両分でした(DE601・セキ6000・D801)。
  • 釧路市の弁天ヶ浜を走る石炭列車。今日の運行は1往復のみでしたが石炭満載です。
  • 石炭輸送が再開しました。知人貯炭場④。北側の道路から見た2本の高架桟橋。
  • 石炭輸送が再開しました。知人貯炭場③。切り離された「ユニットB」が南側の高架桟橋に入り石炭を下ろします。
  • 石炭輸送が再開しました。知人貯炭場②。石炭を下した「ユニットA」は、一旦北側の高架桟橋に退避。
  • 石炭輸送が再開しました。知人貯炭場①。今日は、南側の高架桟橋に列車を連結したまま乗り入れ石炭を下しました。
  • 空荷の保安列車が走りました④。(D801・セキ6000・DE601。
  • 空荷の保安列車が走りました③。(DE601・セキ6000・D801)。
  • 空荷の保安列車が走りました②。(D801・セキ6000・DE601)。
  • 空荷の保安列車が走りました①。(DE601・セキ6000・D801:後追い)。春採湖の氷も緩んできました。
  • 結氷した春採湖畔を走る石炭列車(後追い)です。「今年3月には運休、その後廃止を検討」と報道されました。
  • 釧路市の弁天ヶ浜を走る石炭列車(DE601・セキ6000・D801)。
Page Top